セキュリティ/Web空間

先端情報システム研究室

  • 情報システム
  • システム・エンジニアリング

システムズ・エンジニアリング応用の異文化コミュニケーション技術の研究。

インターネットの進展の中で、既存組織の垣根(製造業、金融業などの間の壁)が崩れ、不特定多数の組織・個人が有機的に繋がって新規ビジネスを興すことが可能となってきました。そこでは、異文化組織・個人の間で多様なサービス・機能が生まれつつあります。システム・エンジニアリングの分野でも、Web2.0、クラウド・コンピューテイングなどを取り込んだ新たなスキームの検討が進んでいます。  本研究室では、こうした技術動向に対応しつつ、インターネット上でのバーチャル組織/サイバービジネス、における意思決定支援・コラボレーション(知識の創造)を支援する異文化交流促進支援システムの研究を行っています。

先端情報システム研究室ウエブサイト

教員紹介

矢島 敬士教授

Hiroshi YAJIMA

発表業績を見る

研究事例

医療・介護連携のための情報共有システムの開発

本研究は、在宅医療介護現場における異なった職種の従事者間の情報過多という課題を対象とする。1人の従事者が多数の患者を受け持つため、個々の患者の重要情報を見落としがちとなるこの課題を解決するために、各従事者におけるCOI(関心条件)を用いて、緊急性の高い情報のPush通知を可能とする情報共有と、従事者が従来業務において大きな負担とならない入力を両立する、緊急性特化型情報共有システムを提案する。

研究室の生活

当研究室希望の諸君へ

研究室指導教員から、受験生および研究室を目指す学生向けへのメッセージです。