セキュリティ/Web空間

情報セキュリティ研究室

  • セキュリティ
  • ITリスク

情報セキュリティ技術の研究

IoT化の進展やサイバー攻撃の激化に伴いセキュリティ技術がますます重要になってきています。本研究室では、安全を守る各種のネットワークセキュリティ技術だけでなく、新しいインターネットアプリケーションを可能にするための暗号応用技術、IoT時代のリスク評価技術などの研究を進めます。

情報セキュリティ研究室ウェブサイト

教員紹介

佐々木 良一教授

Ryoichi SASAKI

所属学協会: 情報処理学会、電子情報通信学会、日本セキュリティ・マネジメント学会、IEEEなど
学会委員: 日本セキュリティ・マネジメント学会名誉会長、デジタル・フォレンジック研究会会長など
学位: 工学博士(東京大学)
職歴: 日立製作所(1971.4 - 2001.3)
現職(2001.4 -)
専門分野: 情報セキュリティ/ネットワークセキュリティ、リスクコミュニケーション、デジタル・フォレンジックなど
担当科目:情報ネットワークの基礎と暗号技術 - 3年前期/ネットワークセキュリティ - 4年前期、デジタル・フォレンジック/大学院後期
表彰: 電気学会著作賞、情報処理学会論文賞、功績賞、総務大臣表彰、情報セキュリティ文化賞など
その他: 内閣官房サイバーセキュリティ補佐官、会計検査院最高情報セキュリティアドバイザー、世田谷区CIO/CISOアドバイザー、国立情報学研究所客員教授など

発表業績を見る

柿崎 淑郎助教

Yoshio KAKIZAKI

2006年厚木市教育委員会理科補助教員.
2008年3月東海大学大学院博士課程修了,博士(工学).
同年4月東京理科大学工学部第一部電気工学科嘱託助教.
2015年4月より現職.
公立はこだて未来大学システム情報学部非常勤講師.
青山学院大学社会情報学部非常勤講師.

発表業績を見る

研究事例

1.知的ネットワークフォレンジックシステムLIFTの開発

標的型メール攻撃があった場合に、運用者にログの分析や対応を適切にガイドしたり、半自動運転したりすることを可能とするために、種々の人工知能技術を導入した知的ネットワークフォレンジックシステムLIFT(Live and Intelligent Network Forensic Technologies)の方式を確立した。併せてプロトプログラムを開発するとともにするとともに評価実験を行い過去の攻撃と類似の攻撃には適切に対応できることを確認することができた。現在新しい攻撃にも対応できるようにするためのSupper-LIFTの開発を進めている。

2.多重リスクコミュニケータの開発と拡張

企業や社会はいろいろなリスクを抱えており,1つのリスク対策(たとえばセキュリティ対策)が,新しいリスク(たとえばプライバシーリスク)を発生させるということも多く、「リスク対リスク」あるいは「多重リスク」の時代を迎えているともいえます.このような時代には,いろいろなリスクやコストを考慮しつつ,望ましい対策案の組み合わせに関し,経営者や顧客,従業員など意思決定関与者の合意を形成していくことが必要となります。この過程を支援するため最適化機能や豊富な入出力機能を持つ「多重リスクコミュニケータ(MRC)」というシステムを開発しました。このシステムを個人情報保護対策などに適用するとともに、IoT時代に対応できるようにするために標的型攻撃のような複雑な攻撃シーケンスを含み影響が大きく多額な対策投資を必要とするインシデントにも対応できるように拡張を進めています。

研究室の生活

大学生の本当の知識とは、自分で考え、新しい事に取り組み、発表して色々な意見を聞くという課程から身につくものです。そういう意味で卒業研究を重要視おり、特に人と違う事を行い、細かい部分でもいいから世界トップを狙うという方針で指導しています。週1回の研究室会議では、進行状況確認、アイディアジェネレーション、学会発表が近づいたらチェックを行うなどしています。高い目標を置き自らが挑戦していく事が重要ですので、修士課程では国際学会で発表し、論文採用されるまでを目指しています。また、学外の方との勉強会の機会を積極的に作り、学生も参加して議論しています。これはリアルなニーズを知る事が一つ、そして日本のトップクラスの研究者を肌で感じ、自身の研究にも自信を持てるように成長していく為でもあります。実用性のある研究テーマを考慮しているので、企業や自治体との共同研究に発展するものもあります。

先輩の声

「情報セキュリティはとっつきにくいと思っている人もいるかもしれませんが、とても身近で重要な分野です。研究はうまくいかないこともありますが、学会発表に参加することも多いので刺激になりますし,とてもやりがいがあります。」(修士課程K)

「セキュリティは、ITのどの分野においても関わりを持つ重要な分野であり、難しくまたやりがいのある分野です。当研究室では、先生方だけでなく、多くの先輩方や外部の方々からサポートして頂ける環境が整っています。この交流が多い環境だからこそ、難しい分野でも毎年多くの学生が実績を残せている理由だと思っています。」(修士課程S)

「私は大学入学当初から情報セキュリティに興味があり、この研究室に入りました。 研究室内での勉強会などを企画したり、シンポジウムやカンファレンスで開催される情報セキュリティに関係するコンテストに参加したりと、自身の研究だけでなく、直接は関係しないことでも多くの学びがある環境で活動をできていると感じています。情報セキュリティという分野は、他の分野があってこその分野であるため、前提として要求される知識や技術が多くなりがちですが、例え小さな進展でも1つずつを着実に進めていければ成果に繋がると考えています。」(学部生N)

「情報セキュリティは今世間から大変に求められているテーマです。この研究室では卒業研究はもちろん、合宿や講習などの行事でも情報セキュリティに関する様々な知識を身に着けることができます。研究室の先輩方や同級生の中には情報セキュリティの実用的な技術を持っている方もおり、大変良い刺激になります。幅広い知識が求められる分非常に面白いテーマですので、興味があれば一度研究室に足を運んでみるのも良いと思います。」(学部生H)

当研究室希望の諸君へ

研究室指導教員から、受験生および研究室を目指す学生向けへのメッセージです。

技術者であることは非常に面白くて、幸せなことだと思います。過去の長い長い人々の知的活動の成果を自らの中に取り込める事、そして自らの研究の結果が次の世代へと繋がっていく事。そういう長い長い知的活動の歴史の1ページに加われるというのは非常に幸せなことではないかと思います。次の世代に向けて何かを残すには、人と違う新しい事をやらなくてはならない、つまりはオンリーワンになれるのです。同時にもう少し頑張るとその分野でナンバーワンになれる。その中で私達はたまたま情報セキュリティの研究をしているわけですが、ぜひ技術者であることの幸せ、研究ができることの楽しみを一緒に分ち合えればいいと思っています。