セキュリティ/Web空間

計算言語学研究室

  • 自然言語処理
  • 自然言語処理技術

自然言語処理応用の情報流通技術の研究

人は言葉を用いて、意思や感情、知識や思想を伝えています。この言葉には、話し言葉、書き言葉だけでなく、手話、ボディランゲイジ、アイコンタクトも含まれます。また、世界中には、様々な母国語が存在しています。私たちの計算言語学研究室では、地理的空間、時間的制約や時代を越えて、様々な人々との豊かなコミュニケーションをコンピュータの援用により実現する技術の開発を目指しています。これは、自然言語処理技術と呼ばれています。最近では、Web上の情報を知的に活用することを可能とする技術を中心に研究開発しています。

計算言語学研究室ウェブサイト

教員紹介

絹川 博之教授

Hiroshi KINUKAWA

発表業績を見る

大野 誠寛准教授

Tomohiro OHNO

2007年7月 名古屋大学 大学院情報科学研究科 博士課程後期課程了
2007年8月 日本学術振興会特別研究員(PD)
2007年9月 名古屋大学 大学院国際開発研究科 助教
2011年11月 名古屋大学 情報基盤センター 助教
2017年11月より現職

博士(情報科学)
自然言語処理,話し言葉処理の研究に従事.
言語処理学会,情報処理学会,電子情報通信学会 各会員.

発表業績を見る

研究事例

外国人向け日本語学習支援システムの研究

外国人のための日本語学習支援システムを研究しています。現在、日本語を学習している外国人は年々増加しており、PCを使った学習システムもいろいろと開発されています。文法、語彙、聴解などは独学できます。しかし、文章作成支援に関するシステムはほとんどありません。文章の正誤判定のための、PC利用のシステムはなく、日本語教師によって行われています。このため、独学での文章学習はできないのが現状です。 私たちは、この問題を解決するために、日本語学習者が作成した文章をPCで正誤判定し、修正するシステムを研究しています。

研究室の生活

絹川研究室での研究進捗報告会

先輩の声

研究で使用する様々な機材やサーバーの管理を任せて頂けるので、そういう部分も楽しみながら知識を増やすことができ、だいぶレベルアップしたと思います。大量の情報を扱うので大容量のサーバーマシンが置いてあり、冬は暖房いらずです。発表や研究会は色々な所で行われるので旅行も兼ねて色々な所に行けるという楽しみもありますね。(修士課程Y.S)

絹川先生の印象は、フレンドリーな先生で研究を進めやすいと感じています。あまり頭ごなしに上から言うのではなく、きちんと目線を合わせてくれる。でも逆にガツンと言ってくれない分、怠けようと思えばいくらでも怠けられそうな気がするのでその辺はちょっと怖いですが。(学部生T.Y)

日本語教師の仕事と研究をうまくリンクできればと、日本語文章をチェック及び訂正できるような研究を行っています。仕事と研究の両立は難しいものがありますが、東京電機大学の社会人コースは、授業は主に夜間で、修士課程を3年かけて卒業することになっており、その点で社会人に優しいシステムだと思います。(研究生 K.S)

当研究室希望の諸君へ

研究室指導教員から、受験生および研究室を目指す学生向けへのメッセージです。

言葉、対話、Webに関心のある人、何かを作りたい人、
情報技術の向上と活用を望む人、来たれ!
明るく、粘り強く、一緒に頑張りましょう!