デジタル表現

インタラクティブグラフィックス研究室

  • コンピュータアニメー ション
  • ゲームグラフィックス

ビデオゲーム・AR/VRをより楽しく

ビデオゲームやVR/AR(仮想現実/拡張現実)に必要なリアルタイムコンピュータグラフィックスの新たな活用方法や、表現方法を日々研究しています。また、エンターテインメント分野だけではなく、時間経過による建物の外観の変化シミュレーションなど実用的な研究も行っています。

インタラクティブグラフィックス研究室ウェブサイト

教員紹介

森谷 友昭准教授

Tomoaki  MORIYA

2007年東京電機大学大学院先端科学技術研究科情報通信メディア工学専攻博士課程入学,2010年修了.
同年同大 未来科学部情報メディア学科 助教
2018年同大 未来科学部情報メディア学科 准教授 現在に至る.
主にコンピュータグラフィックス関連の研究に従事.
自室には現行機,従来機含め約15種以上のテレビゲーム機をすぐに遊べる状態で完備.

発表業績を見る

研究事例

リアルタイム積雪情景レンダリング

事前放射輝度計算(PRT)と呼ばれる手法を用いて,事前に,どの箇所に,どの向きから,どの程度積もるのか,を地形全体で事前に計算しておき,それを利用することでリアルタイムに積雪情景を描画します.

研究室の生活

当研究室希望の諸君へ

研究室指導教員から、受験生および研究室を目指す学生向けへのメッセージです。