Vol.4野澤 奈央さん WEB INTERVIEW -活躍する在学生-

未来科学部情報メディア学科(4 年)
ビジュアルコンピューティング研究室(高橋・森谷研究室)所属

卒業研究も佳境の野澤奈央さんに,これまでの学生生活を振り返ってもらいました。(インタビュー日:2016年12月23日)

東京電機大学への入学経緯は?
中学生の頃からPCで絵を描き始め、PCで作品を作ることに興味がありました。初めは美大や専門学校で絵やCG、デザインなどを学べる大学を視野に入れていましたが、両親に相談したところ元々理系だったこともあり、理論も学べる大学を勧められました。元からCGにとても興味があり、映画などで使われるCGは何故リアルに見えたり見えなかったりするのかという疑問を持っていました。そういった疑問は理論を学ぶことで理解できるのではないかと考え入学を決めました。
入学後に感じた印象は?
入学当初はやはり男性が多いなという印象でした。理系でかつ情報系なので予想はできていたのですが改めてその空間にいると圧巻でした。しかしそれは始めだけでいつの間にかすぐに慣れてしまいましたが…。 授業に関しては思ったよりも忙しいという印象でした。新しい環境、友達、授業に慣れるのに精一杯で、毎日出る課題をこなすのが時間的にも体力的にも大変でした。あの頃はアルバイトもしていたのでそれ以外のほとんどの日の放課後にメディアセンターという図書館に行き友達と勉強していたのをよく覚えています。
印象的な授業の内容は?
1年生の授業の「プログラミング入門/基礎」です。人生で初めてプログラムを書いたのでよく覚えています。Processingという言語を使い平面的な図形を用い物理運動やアニメーションなどを作成し、プログラミングの基礎を学びました。1文字でも間違えてしまうとうまく動かない難しさや思った通りに動いた時の感動を授業の度に感じていました。この授業で学んだプログラミングの基礎は今でも役に立っていると感じます。
研究室での生活は?
とても楽しいです。大学4年間で1番楽しいと感じます。理由は沢山ありますが、特に授業とは違って自分のやりたいことが研究できる上に、研究室のメンバーと仲良く過ごせるからです。私の研究テーマは「個人の足裏に合う足裏用ツボマット」で、足裏の形状やサイズに合わせた足ツボマットを3Dプリンタで作成しています。初めは研究テーマがCG系とかけ離れていて悩むことが多かったのですが、研究室の同期や先輩方と議論し合い沢山のアイデアやヒントを頂きながら目標に向かって努力することができました。そういったことを通じ、今まで関わっていなかった同期や先輩方と色んな話題を話すようになり段々と仲良くなっていくことができました。特に先輩方にはとてもお世話になりました。沢山ご迷惑をお掛けしながら研究のために様々な知識を学ばせていただきとても感謝しています。今年度で私は卒業してしまいますが、卒業しても何回も遊びに行きたい!と思う程素敵な研究室です。
未来の受験生へひとことメッセージをお願いします。
沢山考えて迷って色んな人に相談しながら、自分がやりたいこと、できることを命いっぱい考え尽くすとどんな選択でも後悔しないのではないかと思います。たとえ残念な結果になっても今悩んだことが後できっと役に立ちます。自分のことを自分がしっかりと理解してあげると自分のいいところが沢山見つかると思います。それを発揮できるところを見つけられたら、後はもう頑張るだけです! 大学選びは人生のとても大きな分岐点だと思います。未来の自分に後悔しないように考え尽くすことをお勧めします。ファイトです!